ブログランキングに参加しています!ポチッと一押しお願いシマス!!FC2 Blog Ranking
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-27 17:47 | カテゴリ:料理
ジャンル:趣味・実用 テーマ:料理
今日はまた料理レシピだったりして・・・

今晩のご飯の付け合せにと思い、さきほどトルティージャ・デ・パタタ/toltilla de patata、いわゆるスペイン風オムレツを作りました。

5年ほど前に、スペインへ旅行に行きマシタ。
バルセロナ→バレンシア→カンポ・デ・クリプナータ→グラナダ→ミハス→ロンダ→セビリア→コルドバ→トレド→マドリードを10日間で回る駆け足の旅でしたが、どの都市にも歴史の深い独特の建築物があり、その空気感に圧倒されたのを思い出しマス。もう一度行ってみたい国デス
で、どこの地域のレストランやバル(居酒屋)でも、まずはトルティージャとマッシュルームフライと生ハムを食べながら、ワインを飲んでみました。美味しくって

バルはいわゆるオープンキッチンになってることが多いので、トルティージャを焼いてるマスターの姿が見えマス。卵とじゃがいもとで・・・作り方はなんとなく分かるような・・・
でも、何かそれだけでもなくって。他に何が入ってるんやろう・・・?
フランス風のオムレツのように牛乳やクリームが入ってるわけじゃなくって、固焼きだし、どっしりとした味。
ワタシはセビリアのとあるバルで、マスターに日本のチョコレートをあげて少ーし仲良くなって、レシピ教えてもらいマシタ
味の決め手は、パルミジャーノ(パルメザンチーズ:粉チーズ)でした。なるほど。それであの味だったのかぁ・・・でも、食べてるだけでは分からんかったんデス・・・ 
だって、食べるときはワインとかサングリアとかなんやかんや飲んですでに酔ってるし・・・
それと、熱々にした具を卵に混ぜ込むってのもうまく焼くコツのようでした

お店の人にチョコレートや飴ちゃんをあげるのって、効くミタイ
CHANELとかHERMESなどの高級店でも・・・フランス以外だったら効きマス
セール品とか回してもらえたりとか。あは

★toltilla de patata スペイン風オムレツのレシピ★
【 材 料 (17cm~20cmくらいのフライパン1個分) 】
・じゃがいも(中) ・・・・ 2個
・卵 ・・・・ 4個
・パルメザンチーズ ・・・・ 大さじ5~6(もっと多くても美味しいです)
・塩 ・・・・ 小さじ1弱
・こしょう ・・・ 少々
・オリーブオイル・・・適量

【 作り方 】
①じゃがいもは3~5mmくらいの薄さのいちょう切りにして、フライパンにオリーブオイルを入れ(大さじ1くらいかな)、ジャガイモを弱火でホックリやわらかくなるまで炒める。
②卵にパルメザンチーズと塩こしょうを入れ混ぜる。その中に熱々の①をドバっと入れます。こうすることで、じゃがいもの熱で卵に少しとろみがついて、卵とじゃがいもがよーく絡みます。
③フライパンにオリーブオイルをたっぷりひき強火にし、②を流しいれ菜箸ですばやく大きく混ぜます。半熟になったら弱火にして底に焼き色がつくまでしばらく焼き、フライパンをひっくり返してお皿やまな板などの上に移し、滑らせてフライパンに戻して弱火で焼き色がつくまで焼く。もしくは、火を消して蓋をして余熱で仕上げる。(本場では、何回もフライパンをゆすりながら空中でひっくり返して焼いてましたけど・・・・名人芸なんで・・・

090819_1136~01 スペインオムレツ じゃがいもやく 090819_1141~01 スペインオムレツ じゃがいもいれる 090819_1143~01 スペインオムレツ やきかた 090819_1146~01 スペインオムレツひっくりかえし

冷めたらナイフでケーキのようにカットします 
お好みでケチャップなどを添えてイタダキマス ケチャップなしでも十分おいしいと思いマス。
090819_1154~01 スペインオムレツできあがり

お好みで玉ねぎや他の野菜を入れてもOKと思います。
でも、現地のバルでは具はじゃがいもオンリーだったミタイ
焼き加減もお好みでよいと思いますが、現地では固焼きが好まれているようデシタ

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://ateliercrea.blog61.fc2.com/tb.php/20-4d80f6e6